• HOME
  • 事業・活動
  • 事業報告

日本精神保健福祉連盟の事業・活動

2019年度事業報告

第67回精神保健福祉全国大会

1.大会趣旨

わたしたちは、障がいのある人もない人も、ともに安心して幸せに暮らすことができる社会の実現を目指し、取り組みを進めているところです。
「令和」という新たな時代を迎え、奈良県で初めて精神保健福祉全国大会を開催します。「誰もが暮らしやすいと感じることができる社会を目指して」「わたしたちができる支援」を大会に参加する全国の精神保健福祉関係者並びに一般の方々と共に考え、共有できる場にしたいと思います。
また、大会を通して、精神保健福祉に関する理解を深め、正しい知識の普及と精神保健福祉施策の推進を図ってまいります。

2.テーマ

新たな時代を切り拓く

3.開催日時

令和元年10月24日(木)午前10時~午後4時

4.開催場所

奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~
奈良市春日野町101 TEL(0742)27-2630

5.主催・共催及び後援
  • 主催:厚生労働省、公益社団法人日本精神保健福祉連盟
  • 共催:奈良県、奈良市、奈良県精神科病院協会、奈良県精神保健福祉協会
  • 後援者:最高裁判所、障害者施策推進本部をはじめ中央省庁、精神保健福祉関係 団体、報道機関など
6.大会プログラム
(1)記念式典 精神保健福祉事業功労者表彰
・厚生労働大臣表彰:個人53人 10団体
・(公社)日本精神保健福祉連盟会長表彰:個人49人 7団体
(2)アトラクション 雅楽演奏 「天理大学雅楽部・おやさと雅楽会」
(3)記念講演
■テーマ
「奈良から世界へ~人とつながること、映画を創ること~」
■講演者
河瀨 直美(映画監督)
(4)シンポジウム
■テーマ
「多職種連携による地域ケア」
■座長
岸本 年史(奈良県精神保健福祉協会会長)
■シンポジスト
竹島  正(川崎市精神保健福祉センター所長/全国精神保健福祉連絡協議会会長)
野原  潤(奈良県精神科ソーシャルワーカー協会会長)
石田 陽彦(奈良県臨床心理士会会長)
木田 智子(日本精神科看護協会奈良県支部)
中屋 幸恵(明日香村保健師)
田中 幸治(ピアサポーター)
(5)閉会の言葉 大会実行委員会副会長 南 尚希(奈良県精神科病院協会会長)

「連盟だより」及び「広報誌」の発刊

連盟だより 65号 令和元年7月発刊 700部
連盟だより 66号 令和元年10月発刊 1,500部
連盟だより 67号 令和2年2月発刊 700部
広報誌 45号「 これからの「働き方」とメンタルヘルス 」 令和元年10月発刊 1,500部

配布先・・・厚生労働省、都道府県、政令指定都市の精神保健福祉担当課、精神保健福祉センター、及び精神保健福祉関係団体等

また、「連盟だより」第66号及び「広報誌」45号を第67回精神保健福祉全国大会会場で配布した。
連盟のHPを通じての広報活動を行っている。

精神障がい者スポーツの振興事業

≪公益財団法人日本障がい者スポーツ協会委託事業 委託金額 410,100円≫

(1)事業の目的

精神障がい者にスポーツへの参加を促して意識の高揚を図り、社会参加を拡大して国民の精神障がい者への理解を深め、地域社会の充実を目指す。

(2)事業内容

1)大西守常務理事を委員長とする精神障がい者スポーツ推進委員会を開催し、企画・調査評価を行い、報告書を作成した。

  • ■開催日時:令和元年6月14日(金)
  • ■開催場所:日精協会館会議室
  • ■議 題:
    • 1. 企画実行委員会委員及び精神障がい者スポーツ推進委員会委員の就 任及び退任についての報告
    • 2. 令和元年度度事業計画
    • 3. 令和元年度精神障がい者スポーツ振興事業計画及び経過報告
        ・第19回全国障害者スポーツ大会(ブロック地区予選会)の開催
        ・第19回全国障害者スポーツ大会(ブロック地区予選会結果)報告
    • 4. 2020記念事業について
    • 5. 第19回全国障害者スポーツ大会卓球競技(精神障害)派遣に関す る調査について
    • 6. その他

2)関東ブロック大会(精神障がい者バレーボール)開催に関する検討会

  • ■開催日時:令和2年1月29日(水)
  • ■開催場所:日精協会館 会議室
  • ■出席者:高畑 隆 推進委員会 事務局長、田所淳子委員、瀬川聖美委員、河本次生委員、勝嶋雅之委員
    県、政令市関係部局等
  • ■議 題:
    • 1. 令和2年度以降の関東ブロック地区予選会(精神障がい者バレーボ ール大会)開催について
        ・令和2年度開催 山梨県
    • 2. その他

3)全国障害者スポーツ大会の参画及びブロック地区予選会開催
(精神障がい者の部バレーボール部門)

1. 第19回全国障害者スポーツ大会(バレーボール:精神障がい者)

<台風19号の影響を受けて中止>

開催権 茨城県
開催場所 松戸体育館(ひたちなか市)
開催時期 令和元年10月12日(土)~14日(月)
競技内容 6人制バレーボール(ソフトバレーボール使用)
出場チーム 青森県、埼玉県、名古屋市、大阪府、岡山市、福岡県、茨城県 7チーム(6ブロック代表及び開催地)

2. 第19回全国障害者スポーツ大会 リハーサル大会(バレーボール:精神障がい者)

開催場所 松戸体育館(ひたちなか市)
開催日 令和元年5月25日(土)~26日(日)
出場チーム 栃木県、茨城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、千葉市、横浜市、相模原市(棄権)
競技結果 優勝:埼玉県
第2位:東京都
第3位:横浜市
派遣委員 田所 淳子 委員

3. ブロック予選会の開催

■北海道・東北ブロック大会
開催場所 福島県猪苗代町総合体育館「カメリーナ」(亀ヶ城公園)
開催日 令和元年6月8日(土)
出場チーム 青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
競技結果 優勝:青森県
第2位:岩手県
第3位:秋田県
派遣委員 井上 誠士郎 委員
■関東ブロック大会
開催場所 松戸体育館(ひたちなか市)
開催日 令和元年5月25日(土)~26日(日)
出場チーム 栃木県、茨城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、千葉市、横浜市、相模原市(棄権)
競技結果 優勝:埼玉県
第2位:東京都
第3位:横浜市
派遣委員 瀬川 聖美 委員、 鎗田 英樹 委員、 勝嶋 雅之 委員
■北信越・東海ブロック兼第18回全国障害者スポーツ大会リハーサル大会
開催場所 聖籠(せいろう)町町民会館(新潟県)
開催日 令和元年6月1日(土)~2日(日)
出場チーム 富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、愛知県、三重県、新潟市、静岡市、名古屋市
競技結果 優勝:名古屋市
第2位:長野県
第3位:三重県
派遣委員 水島 仁 委員
■近畿ブロック大会
開催場所 兵庫県立障害者スポーツ交流館(兵庫県)
開催日 令和元年6月2日(日)
出場チーム 滋賀県、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、京都府、京都市、神戸市
競技結果 優勝:大阪府
第2位:滋賀県
第3位:京都市、京都府
派遣委員 高畑 隆 推進委員会委員長
■中国・四国ブロック大会
開催場所 善通寺市民体育館(香川県)
開催日 令和元年5月18日(土)~19日(日)
出場チーム 鳥取県、島根県、岡山県、広島市、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、岡山市
競技結果 優勝:岡山市
第2位:高知県
3位決定戦は無し
派遣委員 田所 淳子 委員
■九州ブロック大会
開催場所 久留米総合アリーナ(福岡県)
開催日 令和元年5月19日(日)
出場チーム 福岡県、熊本県、佐賀県、長崎県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県、福岡市、北九州市
競技結果 優勝:福岡県
第2位:鹿児島県
第3位:佐賀県

4)公益財団法人日本障がい者スポーツ協会が開催する全国障害者スポーツ大会へ参画し、精神障がい者スポーツ(卓球)を推進する。

1. 第19回全国障害者スポーツ大会(卓球:精神障がい者)

<台風19号の影響を受けて中止>

開催場所 日立市池の川さくらアリーナ(茨城県日立市)
開催時期 令和元年10月12日(土)~14日(月)
参加予定 都道府県において選出された男女各1名
派遣委員 高畑 隆 推進委員会事務局長

2. 第19回全国障害者スポーツ大会 リハーサル大会(卓球:精神障がい者)

<台風19号の影響を受けて中止>

開催場所 日立市池の川さくらアリーナ(茨城県日立市)
開催日 令和元年5月26日(日)
派遣委員 高畑 隆 推進委員会事務局長

○事業報告書の作成配布

スポーツ大会の結果と、評価を加えた事業報告書を作成配布。

作成部数:
700部
配布先:
厚生労働省、都道府県、政令指定都市の精神保健福祉担当課、精神保健福祉センター、精神保健福祉関係団体等
ページの先頭に戻る
Copyright(C) 公益社団法人 日本精神保健福祉連盟 All right reserved.